つくる家は全て、長期優良住宅。

耐震・制震 (QUAKE-RESISTANT)

国内ではマグニチュード3以上の地震が毎月400回以上も発生しており、
気象庁は「国内で地震が発生しない所も、大きな地震が絶対に起きない所もない」
と断言しています。こうした予測不可能な地震に対して、
日本で家を建てる以上は、地震対策がとても重要になります。

 

QUAKE-RESISTANT 01
[ 全棟 最高レベルの耐震等級3が標準 ]

震度7が連続して観測された平成28年の熊本地震。
震源地付近の益城町周辺では、耐震等級3で設計された戸建て住宅が、ほぼ無被害(又は軽微な被害)
であったことから改めて地震に対する家の耐震等級の重要性が注目されています。
ナチュラルハウスでは、もちろん、全棟で耐震等級3を標準仕様にしています。

 

耐震等級とは

地震に対する建物の強さを表す等級で、1~3までの3段階で表されます。
建築基準法で義務付けられている「耐震等級1」は、1回の震度7程度の地震でも倒壊しない程度の耐震性能とされています。
熊本地震のような、2回以上に渡る震度7程度の地震対しては、耐震等級3のレベルが必要です。
耐震等級3は、消防署や警察署など防災の拠点となる建物と同じ耐久性です。

 

 

QUAKE-RESISTANT 02
[ 全棟 直下率計算済み ]

過去の地震では、耐震等級2(長期優良住宅基準)を持った住宅が倒壊しており、原因は「直下率不足」でした。
建築基準法で直下率の規定はありませんが、当社は全棟、直下率も計算します。

 

画像

 

 

直下率とは

 

直下率には「柱」と「壁」と2種類あります。
柱の直下率は、2階の柱の下に1階の柱がどれがけあるのかを示す値です。壁の直下率は、2階の耐震壁の下に1階の耐震壁がどれだけあるかを示す値です。

過去の地震の調査結果から、これらの直下率が60%以上の建物は大地震の揺れに耐えています。

 

 

QUAKE-RESISTANT 03
[ 木造の家 ]

地震の振動エネルギーは建物の重さに比例するため、重い建物ほど大きく揺れますが
重量の軽い木材で作られた家は、鉄やコンクリート造に比べて揺れ幅が小さくなります。
また、木材は表面が炭化すると内部まで燃焼しない性質があり、
一定以上の厚みを持つ太材は耐火性にも優れています。

 

画像

 

 

引っ張る力・圧縮にも強い木材

 

木材は引っ張りや圧縮に対する強度がとても高く、同じ重さでの材料で比較すると、圧縮に対する強さは鉄の約2倍、コンクリートの約9.5倍、引っ張りに対しての強さは鉄の約4倍、コンクリートの225倍もあります。

 

 

構造材について

 

土台には檜、柱と梁には杉無垢材・米松を使用。

 

 

QUAKE-RESISTANT 04
[  最高性能の制振装置が設置可能 ]

ナチュラルハウスでは、極限性能を求めるモータースポーツで培われた技術を
木造住宅の制振装置として応用した「MERシステム」を採用しています。

 

繰り返し何度も起こる余震や初期の揺れから大きな地震まで、建物に伝わる地震(風)
エネルギーを48%吸収し建物への負担を軽減します。

 

「耐震等級3」の家でも、耐震装置が必要!その理由とは?

 

地震に対する建物の強さを表す耐震等級では、「耐震等級1(最低限の基準)」で
「震度6強~震度7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない」とされていますが、
想定されているのは、1回目の強地震に対してのみで、2回目に対しては想定されていません。
つまり、「耐震等級1」の1.5倍の強さとされる「耐震等級3」の家であっても、連続して震度6クラスの
地震を受けた場合、1回目は耐えても2回目で倒壊する可能性は非常に高くなります。
要するに、「逃げる時間は倒壊しないようにする」というのが耐震の基準となります。

平成28年の熊本地震では、連続して震度7クラスの地震が発生しました。
こうした地震に対しては「耐震等級3」を取得しただけでは十分な対策とは言えません。

  • 1.  大きな地震(本震)が発生した際に、構造部材の傷みを軽減し体力が落ちないようにする。
     (衝撃力の吸収)
  • 2.  繰り返しの余震に対しても同様に、構造部材が痛まない、体力が落ちないようにする。
     (揺れ疲れ・余震対策)
  • 3.  どんな地震の周期にも共振させない。(共振防止)

 

これらの対策を実現する方法として、ナチュラルハウスでは
制振装置「MERシステム」を採用しています。

 

木造住宅用制振装置「MERシステム」詳しくはこちら

 

 

もっと詳しく知りたい方におすすめ

 

資料請求ページ

ナチュラルハウスのフォトギャラリーへ

LINE@はこちらから

ページトップへ