完工事例

地域別|すべて

葛飾区 S様邸 

二世帯住宅の家

葛飾区 S様邸 

  

  

【360°パノラマ完工事例】
東京都葛飾区で完成した二世帯住宅の家。

「忙しくてなかなか見学会に行く時間がない。」

「まだ家を買うか検討中だから足を運びにくい。」

「時間をかけてじっくり見学したい。」

そんなお客様のために、

パソコン、スマホから家の中をぐるりと見学頂ける
【360°パノラマ見学】をご用意しました!

 

下記のリンクからご覧ください
↓↓↓

【360°パノラマ完工事例】東京都葛飾区S様邸 二世帯住宅一階リビング #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
【360°パノラマ完工事例】東京都葛飾区S様邸 二世帯住宅二階リビング #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
【360°パノラマ完工事例】東京都葛飾区S様邸 二世帯住宅二階子供部屋 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

建築中レポート

1.2017年05月18日
解体工事スタートします! 
解体工事スタートします! 

葛飾区のS様邸 2世帯の新築建替え工事がスタートします!

40年お世話になったお家を解体前に写真に収めておきました。

これから新しく、本物自然素材の家に生まれ変わります!

2.2017年09月02日
地鎮祭を行いました!
地鎮祭を行いました!

最初天気は雨でしたが、途中から晴れて来て
最後はいい天気の中、祭を行うことができました

「地鎮祭」は工事に先立ち、土地の神を祝って敷地を清め、
工事中の安全と建築物が何事もなく永くその場所に建っていられることを願うお祭りです。

鷲宮神社さんに来ていただき、
とても素敵な祭となりました。

3.2017年09月23日
遣り方工事がスタートしました!
遣り方工事がスタートしました!

遣り方工事とは
建物を建てる前に,柱・壁などの位置,高さの基準となる
水平線などを標示するため敷地に設ける仮設物のことです。

突然の雨の中でも、変わらず丁寧に作業を進めています!

4.2017年10月17日
配筋検査を行いました。
配筋検査を行いました。

雨の中でも、手を抜かず、一生懸命に
検査員の方に鉄筋がきちんとしたピッチで入っているのか検査して頂きました!

無事終了し検査員の方から合格をいただきました!

5.2017年11月02日
土台敷工事始まりました! 【葛飾区】
土台敷工事始まりました! 【葛飾区】

天気も晴れて、やっと仕事に入れると
大工さんも意気込んでいました!

これから土台に自然素材の炭でできた
防蟻材を柱一本一本に丁寧に塗っていきます。

6.2017年11月20日
木工事始まりました!
木工事始まりました!

今回はお客様の希望によりツーバイフォー工法+制振装置で工事を進めます。


なぜナチュラルハウスの「耐震等級3」の家に制振装置をつけるのか??
それは、

地震に対する建物の強さを表す耐震等級では、
「耐震等級1(最低限の基準)」で「震度6強~震度7程度の地震に対して倒壊・崩壊しない」とされていますが、
想定されているのは、1回目の強地震に対してのみで、2回目に対しては想定されていません。

つまり、「耐震等級1」の1.5倍の強さとされる「耐震等級3」の家であっても、連続して震度6クラスの地震を受けた場合、
1回目は耐えても2回目で倒壊する可能性は非常に高くなります。
要するに、「逃げる時間は倒壊しないようにする」というのが耐震の基準となります。

平成28年の熊本地震では、連続して震度7クラスの地震が発生しました。
こうした地震に対しては「耐震等級3」を取得しただけでは十分な対策とは言えません。


対策として
1. 大きな地震(本震)が発生した際に、構造部材の傷みを軽減し体力が落ちないようにする。(衝撃力の吸収)
2. 繰り返しの余震に対しても同様に、構造部材が痛まない、体力が落ちないようにする。(揺れ疲れ・余震対策)
3. どんな地震の周期にも共振させない。(共振防止)

これらの対策を実現する方法として、ナチュラルハウスでは制振装置「MERsystem」を採用しています。

http://www.seishin-system.com/

7.2018年02月03日
サイディング張り
サイディング張り

サイディング張りを行いました。

家の外観が完成間近です!

8.2018年02月08日
制振装置を取り付けました!
制振装置を取り付けました!

大手ハウスメーカーが制振工法を採用しはじめています

日本の住宅政策は完全に、長期優良住宅普及促進法にのっとり良質な住宅を建築し
計画的なメンテナンスを実施する事で安全で地球環境に優しい住まい造りへとシフトしています。


そのような政策転換の中、住宅の耐震性に限界がきている事が分かってきました。
国の基準の無い耐震プラス制振《制震》工法ですが、3~5年後には住宅業界として
耐震+制振工法が標準になると予想しています。
ナチュラルハウスもハウスメーカーに遅れることなく、一早く制振工法を採用することになりました。


耐震工法にプラス制振工法を取り入れ、地震のエネルギーを吸収し
住まいと家族の安全を守る事を私達はご提案致します。


制振工法は繰り返される地震から建物へ蓄積されるダメージを軽減出来る効果があります。
現在の耐震基準の建物は、耐震性が高くなっておりますが、
相反して地震による揺れから受けるダメージは大きいと言えます。


建物は繰り返し変形を受けると金物の変形やビスの抜け、筋交い・合板の破損・釘が折れるなど、
ダメージを受ける事が分かっています。


実際の自然環境下でも、大きな地震の後には、繰り返し余震が襲います。いつまでも、
新築当時の建物の耐久性を確保出来る事が、これからの住まいには求められているといえます。

9.2018年03月10日
足場が外れました
足場が外れました

足場が外れて外観が見えてきました!

大工工事も終了し、これから内装作業に入っていきます。

10.2018年03月10日
天井の壁紙
天井の壁紙

健康的で環境にやさしいウッドチップと再生紙の塗装下地壁紙をはっていきます。

汚れたら上から重ね塗りするだけで済むので、
改装毎の貼り替えに比較して大幅に割安で、コストと環境のバランスのとれた壁紙です。

11.2018年03月23日
珪藻土塗り始まりました!
珪藻土塗り始まりました!

職人さんが丁寧に塗っていきます。
完成に向けて着々と進んでいます!

12.2018年04月04日
玄関タイル工事
玄関タイル工事

二世帯住宅の玄関ポーチがまもなく完成します。

13.2018年04月04日
完了検査
完了検査

二世帯住宅の都内の完了検査を行いました!

約50坪の二世帯住宅の全部屋の壁が珪藻土で
床が無垢材(桜)で仕上げてあるのをみて
検査員の方が
「ここまで内装にこだわったお家は、
なかなか見かけないですよ
ここに住む方はお金持ちの方なのですか?」

と驚いていました。

ビックリする検査官の方の表情を見るのが検査日の楽しみでもあります。
あっ、そうそう肝心な検査結果は無事にOKでした。

今回は通常の建物完了検査&フラット35Sの検査でした。

そして、もうひとつ言い忘れてました。
検査官の「ここに住む方はお金持ちの方なのですか?」の回答は

はい、私よりはお金持ちですよ。

でもナチュラルハウスの家は子育てで頑張っているパパママでも無理なく持てる金額です。

そこ証拠に、ここの建物の坪単価を聞いた検査官が「えっ、え~ 本当?」と目がドングリでしたから…(笑)

14.2018年04月14日
完成リビング
完成リビング
15.2018年04月14日
完成リビング
完成リビング
16.2018年04月14日
完成トイレ
完成トイレ
17.2018年04月14日
完成子供部屋
完成子供部屋
18.2018年04月14日
完成2階キッチン
完成2階キッチン
19.2018年04月14日
完成2階バルコニー
完成2階バルコニー
20.2018年04月24日
21.2018年04月26日
22.2018年05月31日
外構
外構

外構が完成しました!

23.2018年05月31日
外構
外構
地域別 - すべて にある

その他の完工事例

ページトップへ