スタッフブログ

永田 雅士 自己紹介へ

【2019年、1番心が震えた出来事とは?】

2020/01/09(木) 日々のこと

【2019年、1番心が震えた出来事とは?】

 

2019年家づくりを通じて多くのみなさんと縁を持てたこと!

妻と沖縄旅行に行き地元の人の温かさ、きれいな自然に触れ感動したこと!

家を建ててくださったお客様が嬉し涙を流してくださったこと!

 

2019年、心が震えた出来事は数えきれないぐらいありました。

でも、でも

強烈に私の心、気持ちが揺さぶられた出来事はこれひとつ
その時間は絶対に一生忘れません。

 

2019年8月30日 午後1時30分

ふだん、当たり前だった動きが止まった瞬間

ふだん、当たり前に存在しているものが存在しなくなるのを知った瞬間

8月30日に私の5番目の子供 愛犬ゴンタが天国に旅立ちました。

 

 

娘からの電話
「お父さん、仕事中かもしれないけど 今直ぐに家に戻ってきて!」

 

帰宅したら朝私にシッポを振って
「お父さん今日も一生懸命に仕事してしてね」と笑顔で寄ってきたゴンタがソファーの上で寝ています。

 

「お〜い、ゴンタ起きろ!

朝、ほんのさっき俺からオヤツもらって喜んでたじゃないか!

ほら、おまえの好きなお芋のスティックだそ。目を覚ませ!」

 

 

しかし、息子ゴンタは目を開けることはありませんでした。

眠るように天国に旅立ちました。
私達家族に宝物を残して

 

 

13年前に当時中学一年生の長男秀斗が殺処分になる前の子犬を連れてきました。

それがゴンタ君です。

 

 

無償の愛
好きな人は、とことん信じ尽くす
見返りは求めない利他の心
他数えきれないくらいのことを残して天国に旅立ちました。

 

もっともっと、ゴンタが大好きだった海に連れて行ってあげれはよかった。

いつかは思いそのままだった。

 

自分の仕事、自分のやりたいこと優先でゴンタのことほったらかしだった。

 

あたりまえが、あたりまでない!
思っていただけではダメ 何もしないのと同じ!

 

 

仙台松島での密教修行、佐々木住職
の言葉が2019年の大晦日に再度突き刺さりました。

 

思っているだけでは、ダメ
行動しよう
行動も難しかったら言葉にしよう

 

鹿児島に帰省中の私

88歳になる母親は知覧の田舎て一人暮らし

 

冬は寒くてお風呂に入るのが怖い
親戚や知事がヒートショックで亡くなっている。

 

そんなこともあり、ここ数日お風呂に入っていない!

よしっ天国と地獄旅立たったゴンタからの教訓 思ったらそくやりなさい!

 

 

「おふくろ!一緒に風呂入るぞー

俺と一緒だったらお風呂で転ぶこともないし、

風呂も脱衣所も温かくするからヒートショック怖がることないぞ。

小学2年生までは一緒に入ってたじゃん」

 

 

はい、そんなこんだで2019年最後
親子で気持ちよく入浴できました。

 

 

ゴンタありがとう

2019年最高の1年でした。

2020年 このブログを読んでくれたあなたが幸せになれますように!

 

もっと詳しく知りたい方におすすめ

 

資料請求ページ

ナチュラルハウスのフォトギャラリーへ

 家づくりのお役立ち情報やイベント情報などをお届け中♬
LINEからご質問、お申し込みいただくことも可能です。

LINE@登録はこちらから

友だち追加

記事一覧

1ページ (全22ページ中)

ページトップへ