スタッフブログ

見えないところにも「こだわり」を

永田 秀斗 自己紹介へ
2018/02/10(土) 家づくりのこと
現在、建築中の物件の完成したら見えなくなってしまう「こだわり」を
ピックアップしてお伝えいたします。

 

 せっかくの自然素材の家だから、見えない部分や仕上げにも徹底的にこだわります。

自然素材の防蟻・防腐剤塗りました。
 

自然素材の炭の防蟻・防腐剤をしっかり床下だけでなく柱にも塗りました。

 

 

自然素材の羊毛断熱材
 

羊毛断熱材「ウールブレス」は"夏は涼しく、冬は暖かい"自然素材からできた安心の羊毛断熱材です。

ウールの持つ力で、家の中を常に最適な湿度にキープし、
汚れた空気を浄化してお部屋の中に広がる快適空間を作り出します。

シックハウスの原因となる有害物質も含まず、
自然素材を使用した安心の断熱材です。

 

 

国産材の無垢の柱
 

家を支える柱には国産の無垢を使っています。
目に見えないところにもこだわっています。

国産材を使って家を建てるということは、日本の気候に合った木で家を建てるということです。
雨が多い日本では、湿気に強い国産材を使うのがもっとも理にかなっているのです。

 

 

吊り天井
 

吊り天井にして2階からの音が伝わりにくくしています。
完成したら見えなくなるところも工夫して真心こめて作っています。

お子様がおもいっきり家の中を走り回っても安心です。

記事一覧

1ページ (全15ページ中)

ページトップへ